2021年7月11日から2021年7月17日までに発売されたKindle本の中から、特に気に入った作品の感想を書いて行きます。

warning_amber 感想によってはガッツリとネタバレが含まれているので未読の方はご注意ください warning_amber

出会って5秒でバトル 17巻

はらわたさいぞう (著), みやこかしわ (その他)
《厄災》編、ついに完結――!!

この選択は、自分への証明。

レオンハルトの凶行により
大切な仲間を次々と失うアキラ達。
崩壊する遊園地から脱出する時、
アキラはひとつの決断をする。

そして《厄災》は
誰も予想のつかない展開で幕を下ろす――!!
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

前巻で死んだと思っていた熊切がまさか生きていたとは…!(表紙で知ってたけど)
そして改めて晴やかに浄化されるように犠牲になるとは…(表紙で察したけど)

ずっと目を閉じてるキャラがいましたが彼女も能力を持っていたのですね。見たものの時間を1000年進めるって最強では…能力を制御できないと日常生活には支障でてしまいますが。

万年青と魅音のバックグラウンドもわかってきたところで万年青がリタイア。あっさりとし過ぎていてまだ裏がありそうですがどうなんでしょうか。きっと次回登場するときには表紙になるからわかるでしょう。


それでも歩は寄せてくる(8)

山本崇一朗 (著)
「からかい上手の高木さん」山本崇一朗が描く超尊い将棋ラブコメ!

この恋、詰むや詰まざるや…?
将棋の初心者・田中歩は部長の八乙女うるしに勝って告白したい。
棋力は程遠いけれども、ぐいぐい攻めてくる歩の姿勢に
別の意味でセンパイは“詰む”かもしれない…というお話。

歩が入部してから、ずっと2人だった将棋部。部員が増え、嬉しさ楽しさ嫉妬など色々な感情が芽生える中、うるしの修学旅行で初めての“逢えない時間”ができて…!? 山本崇一朗が初めて描く恋愛ストーリー、波乱の修学旅行編をまるごと収録!!
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

高校の将棋部に所属する”八乙女 うるし”と”田中 歩”のラブコメ8巻です。 今回はうるしが修学旅行に行っているのでうるしと歩の直接的な絡みはなく、修学旅行組のガールズトークと、お留守番組の絡みがメインになっていました。 自分自身が田中に対して好意を持っていることに気がついてしまったうるし。9巻以降でどのような展開になるのか楽しみです。

第102局で大きいお肉を要求する凛と、歩のセリフに赤面する凛の表情がとてもよかったですね。


よふかしのうた (8)

コトヤマ (著)
ナズナの初の友人は、初めての眷属候補__

定時制の夜間学校に体験入学することになったコウとナズナ。

教師である平田ニコとともに、ナズナの思い出を巡るなか、彼女の新たな過去が明らかに__

「ナズナ、覚えてるか? 目代ちゃんのこと」

コウより前の友人「目代先輩」。
彼女とナズナの関係は?

さらにコウにも突然の出会いが…波瀾の不純異性交遊!?

忘れられない人をめぐる、衝撃の新章開幕!
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

前回に引き続き、ナズナちゃんの過去を探っています。 ナズナちゃんと目代先輩の友情…いいですね。 このまま目代先輩が眷属になる流れですが、今の状況を考えると一波乱ありそうですよね。 次巻は楽しみ半分、不安半分といったところです。

ところで、第77夜の探偵コスをする目代先輩がカワイイですね。


葬送のフリーレン (5)

山田鐘人 (著), アベツカサ (著)
魔法使いの歴史を紐解く後日譚ファンタジー


魔王を倒し、歴史に名を残す魔法使い・フリーレン。

魂の眠る地(オレオール)を目指す旅を進む為に、

魔法使い試験を受けることになります。

新たに出会う、一筋縄ではいかない魔法使いたち――

物語は、各々の信念と覚悟を表出していく。

英雄たちの“歴史”を紐解く後日譚(アフター)ファンタジー!
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

一級魔法使いの資格を取るための一次試験です。5巻のほとんどを一次試験に使うのは意外でした。
旅をしながら過去の思い出を振返るのストーリーが好きだったので、このままバトル要素が増えていくのは少し心配なところです。フリーレンが桁違いに強いので、バトル展開にはならないと思うのですが…

なので、一次試験週終了後の日常会がよかったですね。 だらしない生活を怒るフェルンと、それを宥めるフリーレン&シュタルクペアは見ていて癒やされますね。

p.154 で夜更しを叱るフェルンが特にいいですね。僕も叱られたい。


book