2021年7月25日から2021年7月31日までに発売されたKindle本の中から、特に気に入った作品の感想を書いて行きます。

warning_amber 感想によってはガッツリとネタバレが含まれているので未読の方はご注意ください warning_amber

スノウボールアース 1巻

辻次夕日郎 (著)
地球凍結!怪獣襲来!近未来SF冒険譚!!

「ユキオ…俺、 友達を作る。」

人見知りの少年<鉄男>。
唯一の友達は巨大ロボ<ユキオ>。
彼らは、宇宙より来る銀河怪獣と戦う”救世主”となった。
最終決戦後、10年ぶりに地球に帰還した鉄男は、驚愕の世界を目撃する。
そこは、全土が雪と氷で覆われ、死の世界となった凍結地球(スノウボールアース)だった―!
人類の消息は…!? 怪獣との闘いの行方は…!?
そして鉄男は、ユキオと交わした約束を果たすことができるのか?

【編集担当からのおすすめ情報】 
衝撃の近未来SF冒険譚、開幕――!!

『エヴァンゲリオン』シリーズの監督/総監督、庵野秀明様より
「大真面目に巨大自律ロボット・宇宙怪獣・コミュニケーションを描いた、
『巨大ロボット物』が正しく強く面白く継承されている作品だと、不遜ながら感じます。
自分もロボット物が好きで作り続けた甲斐があり、嬉しく、有り難いです。
この先、続きが楽しみです。」
と推薦コメントをいただいております。

「スピリッツ賞」入選受賞作が →「月!スピ」で連載開始 →そして待望の単行本化…!!
また、受賞作の読切版が公開後すぐ、Twitterで5000RT、1万いいね!と人気急騰!!

作者の辻次夕日郎(つじつぐゆうひろう)氏は20代会社員。
映画会社でアニメ宣伝などの激務に携わる傍ら受賞作を執筆、この度連載デビューを飾りました!
その驚くべき才能に早くも関係各所で話題騒然です!!

本作品は、怪獣たちが宇宙から襲い来る世界を舞台とした、一人の少年と一体のロボットの友情と冒険の物語。
友達のいない「人見知りな救世主」テツオと、彼が搭乗するロボット・ユキオ。
人類と銀河怪獣との最終決戦と、「その後」を描く、かつてない斬新なストーリーです!

「月!スピ」アンケートでは読者から熱烈支持!

「最高です!!! これもうアニメ化決まってるんですよね?!って思うくらい出来のいい一話でした。是非アニメ化してください!」 [26歳 男性]
「SFの壮大な世界観にワクワクが止まりません。」 [23歳 女性]
「とにかく物語に引き込まれました。SFと思いきや、コミュ障という問題を中心に置いているのが面白いです。個人的にも主人公と同じような悩みを抱えているので、返答一つまともに発声できないという冒頭から心を掴まれました。」 [40歳 男性]
「絵が正統派で綺麗で、爆発や生き物もリアルで迫力がありました。主人公の表情も生き生きしていて、喜怒哀楽が大きく可愛らしかったです。SFの難しい設定を忘れ楽しく最後まで読めました。」 [23歳 女性]
「コミュ症な感じが私と似ていて、人間よりもロボットのほうが心が許せるのめっちゃ共感できる!!」 [42歳 女性]
「不器用な英雄が綴る、とにかくカッコいい、英雄譚。仲間や宇宙船や自爆のサムズアップシーン、どれを取っても名場面しかない。今や期待が膨張し続けている状態!! マジでハマった!!」 [38歳 男性]
「スタッフ揃えてアニメ化してほしいレベル。熱い展開しか待ってない気がする。スノウボールなのに。期待を良い意味で全力で裏切ってくれた。こんな作品を待っていた!!」 [38歳 男性]

皆様、是非お手にとってお楽しみください!
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

銀河怪獣との大戦、凍った地球、銀河怪獣を資源として解体する人たち、よく喋るロボット…ワクワクする要素が詰まってますね。
数少ない武装でも頭を使って銀河怪獣とやり合っていくのがいいですね。2巻も楽しみです。

本作品を読む前に庵野秀明監督のコメントを読んでしまったせいか、銀河怪獣がシン・ゴジラ 第2形態(通称蒲田くん)のように見えてしまう (´・ω・`)


メテオノーツ 5巻

都尾琉 (著)
我々の好奇心がある限り、宇宙への探求は終わらない。

船外活動を終え、再び日常が戻ってきたISSメテオノーツの一員、チアキ。
しかしそれもつかの間、次なる試練が彼女を襲う。
ISS搭乗継続かそれとも帰還か…
成否を決めるための船長から出された最後の課題は意外なモノだった――

「メテオノーツ」これにて一旦最終巻。
しかし我々の宇宙へのあくなき探求は終わらない!
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

チアキが最終試験を突破して無事にISSに残れるようになったのですが、まさかの打ち切りでした…前巻(4巻)が先月発売したばかりだったので、刊行ペースが早いなぁとは思っていましたが…

トイレが故障したときに先陣を切ってオムツに漏らすヘレンさんには感動しました。
P.41で「付き合ってください!」を告白と勘違いするベタなボケの後のチャウラさんの顔がいいですね。

最後に"ALIEN"パーカーを着た新キャラが登場し、謎を深めてしまいましたがどうするんでしょうか。
できれば、連載媒体を変えて続けてほしいものです。


信長の忍び 18巻

重野なおき (著)
織田信長のでっかい夢に魅せられた忍びの女の子、千鳥。謀反人・荒木村重討伐へ本腰を入れる信長は、無理な力攻めから長期戦へと作戦を切り替えた。一方、京で療養中の竹中半兵衛の見舞いにやってきた千鳥たち。病を押して戦場に赴くその様子に千鳥は胸騒ぎを覚え…?
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

竹中半兵衛死す…結構初期から登場していた好きなキャラだったので残念。
最後に信長を騙して黒田官兵衛の息子を匿うのはイイハナシダナー( ;∀;) と思ってましたが、代わりに別の子供の首を用意するあたり命の軽い時代ですねぇ。

瀬名ちゃんの最期は狂気じみてていいですね。

明智光秀の信長への不満が徐々に溜まっているのが不穏な感じです。
…もしかしたらだけど、光秀も信長を裏切るのでは。


ずぼら先輩とまじめちゃん

東385 (著)
「先輩、お願いですからはいて下さい!!」

入社した会社のデキる先輩は、実はアパートの隣人でドのつくずぼら女子でした・・・!?
仕事は早いのに生活力0な先輩×妄想ノンストップな世話焼き後輩の凸凹社会人百合コメディ♪

ずぼらな女の子って・・・イイよね!
連載時のカラーページを完全補完した、電子だけの特別版にてお届けします!
★単行本カバー下画像収録★
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

仕事中はしっかりしてるけどプライベートではだらしない逗保良 奈子ずぼら なこ
後輩という立場上、敬語を使う佳成かなり まじめ 。
良い…この2人を部屋からずっと眺めていたい…敬語で叱るシチュエーションっていいですね。

逗保良 守ずぼら まもる前向 元気まえむき げんきは…いなくてもいいかなぁ。


だもんで豊橋が好きって言っとるじゃん! 3巻

佐野妙 (著)
国元ほのか、15歳。愛知県の東三河地方・豊橋市に引っ越してきた「豊橋一年生」です!
★単行本カバー下画像収録★
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

ローカル女子の遠吠えとか八十亀ちゃんかんさつにっきとか、東海地方の漫画が盛り上がってますね。
父方の実家が浜松だから豊橋にもよく遊びにいったけど、まさかここまで話題のある街だったとは…

気になった話題をいくつかピックアップ

  • TOYOHASHI-23- 学校給食の話が出てますが…ソフト麺懐かしい。食べたいなぁ。
  • TOYOHASHI-28- 手筒花火は初めて知りました。これはちょっと試してみたいです。
  • TOYOHASHI-30- 「『じゃん』は考えちゃダメ 感じるんだよ」は凄いわかる。敬語だと「じゃん」は使わないから仕事中は使わないけど、プライベートでは使ってしまう…でも無意識に使ってるから別の単語に置き換えるのは難しいですね。

花火というと僕の地元では、お盆に灯篭上げというイベントがあって、玉入れの要領で火の玉を投げ入れてました。最初に火の玉を入れると缶ビールを6本セットでもらえたのですが、電線に引っかかって消防車が出動したケースもあり、なかなか参加リスクの高いイベントでしたね。
僕が大人になる頃には人数不足で開催されなくなってました…一度ぐらいは参加してみたいけど、火の玉をぶん投げるリスクは負えないから難しいところです。


book