2021年8月1日から2021年8月7日までに発売されたKindle本の中から、特に気に入った作品の感想を書いて行きます。

warning_amber 感想によってはガッツリとネタバレが含まれているので未読の方はご注意ください warning_amber

川尻こだまのただれた生活 3巻

川尻こだま (著)
ほのぼのとした不摂生日常まんがまとめ第3弾。
Twitterまとめ+オマケまんが付き。
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

日常漫画をツイートしている川尻こだま先生(@kakeakami)の作品をまとめた漫画の3巻目です。
いつも味の濃いスナック菓子をビールで流し込む自堕落な生活を送っている人かと思いきや、鶏ガラスープとか作ってて判断が難しい。

漫画によく登場し、正式コラボも行われた「いなげや」にはぜひ1度行ってみたいですね。


トリリオンゲーム 2巻

池上遼一 (著), 稲垣理一郎 (その他)
1兆ドルが見えてきた!驚愕の事業計画!!

桐姫から条件付きで
1億円出資を引き出したハルとガク。
さらなる好条件の出資を狙って、
ドラゴンバンク主催のハッカー大会に挑む。

勝てば出資金、負ければ桐姫と奴隷契約(!?)
のデスゲーム!
エリートチームを相手に、
ハルのミラクル作戦が炸裂する!!
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

ついに会社を立ち上げてサクセスストーリー感が出てきました。
ハルさんの行動力はハラハラするけど見ていて気持ちがいいものですね。

あと、ガクさんメガネ外したらめっちゃかっこいい。いままで呼び捨てでゴメン。


何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!? 3巻

藤本ケンシ (著), 井出圭亮 (著)
「信長がおるぞぉ」。秀吉の一声で我先にと集まってきた殺意あふれる戦国大名たち!
長宗我部、毛利、上杉、武田、顕如、島津が信長を囲み、始まるは「信長の首」を賭け、武功最強を決める地下討議会!!
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

本能寺の謀反ルートを突破して、明智光秀の統一ルートに入ったようです。
日本史詳しくないのでどこまでが正史で、どこからがifルートかわかりませんが信長はいつも恨まれてますねぇ…

最後に濃姫が裏で糸を引いているような感じで終わりますが、どうなってるんでしょう。


ダンダダン

龍幸伸 (著)
幽霊肯定派の女子校生・綾瀬桃と、同級生の怪奇現象オタク・オカルト君。互いに否定するUFOと怪異を信じさせるため、桃はUFOスポットの病院廃墟へ、オカルト君は心霊スポットのトンネルへ行くのだが…。運命の恋が始まる!? オカルティック怪奇バトル開幕!
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

バトルとギャグの勢いがあってよいです。
背景の建物の書き込みが細かいですね。貧乏性なので書き込み量が多い漫画はじっくり読めるのでお得感があって好きです。

ただ、セルポ星人の初登場シーンの不気味さは夢に出そうなので勘弁してもらいたいところ (-_-)


宇崎ちゃんは遊びたい! 7巻

丈 (著)
里帰りをして宇崎ちゃんとの関係を父親から突っ込まれる先輩。なんだかんだ宇崎ちゃんと真面目に向き合う事を決意して―――!?そんな中宇崎家でクリスマス会を開催!もちろん宇崎パパも参戦で…?
【電子版特典として、一部応援書店で配布した特別イラストを電子版にも収録!】
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

周囲が2人をくっつけるために動いているのがいいですね。
ライバルが出てこないので安心して読めます。

1巻の頃から早く付き合えよ、と思ってましたがお互いが自分の気持ちに気づいてしまったので、そろそろフィナーレでしょうか。

book