2021年8月8日から2021年8月14日までに発売されたKindle本の中から、特に気に入った作品の感想を書いて行きます。

warning_amber 感想によってはガッツリとネタバレが含まれているので未読の方はご注意ください warning_amber

紅殻のパンドラ 21巻

六道 神士 (著), 士郎 正宗 (その他)
次から次へとバージョンアップして襲い掛かる脅威のウィルス・バイドに対し、クラリオンとフォボスは力を合わせて立ち向かう。最強姉妹の共闘で勝負は決したかと思われたのだが……!?
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

クラリンとファボスが協力して戦っていますが…ファボスは犠牲になってしまったのか…

今までの表紙絵を見返してみると、ネネとクラリンが順番に描かれていてそれぞれが対になっています。
しかし21巻では唯一の例外としてファボスが描かれている…死んだと思っていたアルトマンが実は生きていた展開があったのでファボスについても期待したいところですが、表紙に描かれてしまうとちょっと厳しいですね。
お嬢様言葉を使う生意気な猫耳キャラ…好きだったんだけどなぁ。

クラリンの並外れた戦闘能力からもともとロボットだと思っていたけど、ネネは自身と同じ全身義体だと認識していたのですね。
ネネにとっては人間とロボットの境界が曖昧になっているのでしょうか。

ネネの髪飾りと猫耳を付けてドヤ顔してる娘が最後に登場しましたが彼女は一体…

21巻に限った話しではないですが、物理中枢メインカーネル探針音発信ピン・コマンド経路確認トレースルート… ルビがカッコよくてトキメキますね!


夜の名前を呼んで 1巻

三星 たま (著)
不安が募ると夜を呼んでしまう少女とその担当医・レイ。魔法と幸せがいっぱい詰まったふたり暮らし。


「あなたが夜を呼ぶのは“光”を思い出すため」。
不安が募ると辺りを暗闇に染めてしまう病気を持つ少女・ミラ。その病を治すため、心優しき医者・レイとともに森の奥で暮らしている。

空から降ってくる星をジャムにしたり、自信をつけるために早起きを頑張ったり、
小さな日常をひとつずつ大切にすることで、ミラはかつての自分を徐々に取り戻していく。

しかしある日、夜の病気に興味を持ったレイの友人がふたりの元に現れ、ミラを不安にさせる……!

すぐには治らない病、その壁に立ち向かっていく患者と医者のヒーリング・ストーリー。

心の温度が直に伝わってくる人物の表情や、呼吸をしているかのように瑞々しく描かれた植物たち。
確かな表現力を持つ三星たまの、初の単行本。

読切&ショート・ショート8本を収録した、
『星の子どもたち 三星たま短編集』も同時発売!
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

表紙に惹かれて買ってしまいました。
「周囲を夜にする」奇病を患う女の子と、それを治療する医者(?)魔法使い(?)のお話みたいです。 まだ1巻なのでこの病気の影響や背景がわからないので、今後の展開が楽しみです。

ヴィランも出てきて不穏な感じがしますが、星ジャムを作るようなのんびりとした日常回が増えてほしいところです。


book