2021年10月10日から2021年10月16日までに発売されたKindle本の中から、特に気に入った作品の感想を書いて行きます。

warning_amber 感想によってはガッツリとネタバレが含まれているので未読の方はご注意ください warning_amber

銀狼ブラッドボーン 15巻

艮田竜和 (著), 雪山しめじ (著)
最強は再び、骨から生まれる。

”骨喰い”グリムの目的……
それはハンス・ヴァーピットの
肉体を奪い取ることだった――

最盛期の銀狼に成り代わった
グリムを倒すため、
ハンスの息子・ゲイルや
吸血鬼の王・ファウストが
最後の戦いに挑む……!!
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

人類・吸血鬼・グリムの戦いも総力戦になってきました。

ハンスとビュルガー、ロマンスグレーなイケオジの共闘は心躍りますね。望むならもっと見ていたかった。
ゲイルと部下たちはなんだかんだで生き残ると思っていましたが…

一族を滅ぼされた恨みのあるマクミランに対して、「贖罪の旅は終わった」と赦すファウスト。吸血鬼の王として君臨し、臣下たちに慕われるのがわかります。
かっこいい…これは命をかけてでも付き従いたくなります。

ハンスを取り込んだグリムと、ミンスタの血を受け取ったファウストの最終決戦が始まるところで次巻。


LIFE MAKER 1巻

宇津江広祐 (著)
人類は今、「禁断」に触れる…!!

偶然。あるいは必然なのか。

数奇な運命にいざなわれ、
ある共通の力を持った少年と少女は出会う。

「生命を、創造する力」。

その出会いは、近い将来、
世界が新たな局面を迎えることを意味した。

「内藤死屍累々滅殺デスロード」の作者がおくる
新たなる叙情派ホラーエンターテインメント!!
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

モノから生き物を作る能力を持つ蒼と緋色の物語です。
蒼は「新たな人類を創造する」目的遂行のために冷徹に物事を進めていき、常識的な思考をする緋色が振り回されています。
このコンビだと蒼の能力が高すぎてバランスが悪い感じがしますが、緋色も家庭環境の悩みを抱えているのでどこかで覚醒するのでしょうか。

静かな雰囲気でバトル漫画にはならなそうですが、ここからどのように展開していくのか楽しみです。

ちなみに、人間をベースに新たな生き物を作っても、それはコンバートであってメイクではない気がするんですがどうなんでしょう。


出会って5秒でバトル 18巻

はらわたさいぞう (著), みやこかしわ (その他)
東京の街で見つけたのは、真相に迫る“鍵”

《厄災》をクリアし、
離ればなれになっていた仲間達と再会したアキラ。
ユーリと訪れた自宅で、
ゲームのヒントと成り得る“あるモノ”を見つけ出す。
その直後、新たな敵と遭遇し――!?
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

«厄災»から戻ってきて、現実世界でのバトルが18巻のメインになります。
ラインハルトのような監視人とのバトルよりも、参加者同士で能力を探り合いながらのバトルの方が楽しいですね。(…どうしても地味になりがちですが)

ののんの直球なヤンデレは可愛いですね。凄い偏見だけど原宿にいそう。
ニノぴの透過能力はソロでも勝ち残れる使い勝手のいい強能力なので、コンビを組んだのは戦力的にはマイナスでしたね。ののんに捕まってしまったのは運が悪かった (´・ω・`)

最後は色々と謎が出てきました。
写真に写ってたのはアキラと魅音?
アキラは元々女の子だったの?
アキラが「はじまり」に関わっているとしたら、このゲームを作ったのはアキラなの?

ラスボスは魅音ではなく、アキラパパになるのでしょうか…


映像研には手を出すな! 6巻

大童澄瞳 (著)
ついに『マチェット』本編制作へ踏み切る!

映像研が最初に作ったアニメーション
『そのマチェットを強く握れ!(予告編風)』
満を持(ルビ:じ)して、本編制作へ踏み切る!!
やりたいのにやれなかった数々の演出も…レベルアップした今なら出来るはず!
目指すはコンテスト優勝!!
次なる試みとなる声優探しに動き出すと
オーディションに“七色の声の持ち主”現る!!
ところが、天才・サクラダは生徒から金をだまし取る小悪党との噂!?
危険人物か?新たな仲間か?
捕獲作戦…開始!!
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

7色の声を持つ桜田さんが映像研に参加することになりました。
百目鬼氏以外は桜田さんの声真似を聞き分けられないと思うので、対生徒会要因としても活躍しそうです。

第40話、映画ドラえもんを使ったアニメーションの説明は勉強になります。 違和感のないように視聴させるには細かい箇所にも拘らないとだめなんですね。

「動き」以上に声は漫画で表現しにくいのですが、どのように描かれるのか…マチェット本編が楽しみです。


さよなら幽霊ちゃん 1巻

sugar. (著)
放課後の空き教室。今日も仲良くお喋りするのは3人のJKと…幽霊!?4人(?)のユルい会話はやがて一つの謎に繋がって…?ギャグの裏に散りばめられた伏線を見逃すな!幽霊部員のJK+ガチの幽霊が贈るちょっと不思議で、最高に人間味溢れる物語。
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら
よくあるきらら系の学園日常コメディかと思ってましたが、ちょいちょいシリアスなシーンが登場して驚きました。
「さよなら幽霊ちゃん」というタイトルですが、さよならも伏線になっているのでしょうか🤔

クプルムの花嫁 2巻

namo (著)
修は早く一人前の鎚起銅器職人になり、
婚約者のしいなと結婚するため、
新たな技法[錦銅]を身につけようとする。

でも仕事にばかり気を取られていると
しいなはヤキモチやいちゃうぞ!

そんな中、修に温泉旅館から大きな仕事が
舞い込んで!?

新たな出会いてんこ盛りの第2巻!
修としいなの馴れ初めエピソードも収録。
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

新潟の伝統工芸、鎚起銅器を作るカップルの話。この作品を読むと伝統工芸品が気になってきますね…
ご当地グルメの紹介もあり、新潟行きたい欲も高まります。

修が銅を打つ理由が明確になる素晴らしい巻でした。

第12話のメガネしいなも可愛いので必見でした。


それでも歩は寄せてくる 9巻

山本崇一朗 (著)
「からかい上手の高木さん」山本崇一朗が描く超尊い将棋ラブコメ!

この恋、詰むや詰まざるや…?
将棋の初心者・田中歩は部長の八乙女うるしに勝って告白したい。
棋力は程遠いけれども、ぐいぐい攻めてくる歩の姿勢に
別の意味でセンパイは“詰む”かもしれない…というお話。

自分の中の“好き”に気づいたうるし。棋力も距離も近づいてくる歩に対して、もはや陥落寸前か…!? 歩vs.うるし父も収録、恋も将棋も待ったなし!!
amazon.co.jp
ネタバレが含まれてるかもしれない感想はこちら

歩への好意に気がついてしまったうるしがまぁ可愛い。
もう歩が告白すればもう成功しそうな様子ですが、平手で勝つことに拘るのはかっこいいですね。うるしと凛が惚れるのもよくわかります。

新キャラのうるしパパはハガレンのホーエンハイムっぽさがありますね。なんででしょう、四角い顔とヒゲとメガネかな。
次は歩の家族が登場して、徐々に外堀が埋まっていく感じでしょうか。


book